COLUMN

賃貸でも自宅用サウナは置ける?確認箇所とおすすめのサウナをご紹介

賃貸でも自宅用サウナは置ける?確認箇所とおすすめのサウナをご紹介

2024.04.25

賃貸でも自宅用サウナは置ける?確認箇所 サウナブームの到来により、近年では自宅用サウナの導入を検討している方が増えてきています。 しかし賃貸物件に住んでいる方であれば、「賃貸物件にサウナを設置することは可能なのか?」という疑問を持たれているかもしれませんね。 本記事では賃貸でも自宅用サウナを設置できるのか、また設置の確認箇所とおすすめのサウナについてもご紹介していきます。       賃貸物件にサウナ設置は可能? 結論から述べると大抵の場合、賃貸物件でもサウナを設置することは可能です。 販売されている屋内型の家庭用サウナは、基本的に壁・天井に穴を開けたり、大がかりな工事を行ったりすることがありません。 移動させることも撤去することも可能なので、賃貸物件で必要となる「原状復帰」を行うこともできます。 このような理由から、賃貸物件でもサウナを設置することは可能なのです。       賃貸でサウナ設置時のチェックポイント   設置スペース 賃貸物件以外でも言えることではありますが、自宅用サウナを設置する際にはサウナスペースがきちんと確保できるかどうかを確認しておかなければなりません。 1人用のボックスタイプのサイズは一般的にそれほど幅をとるものではありませんが、出入りすることも考慮し、少し余裕を持ったサイズ感のものを選んでおくと良いでしょう。   ストーブ設置の可否 サウナのストーブには「電気ストーブ」「薪ストーブ」「遠赤外線ストーブ」の種類がありますが、自宅用サウナは基本的に「電気ストーブ」か「遠赤外線ストーブ」が採用されています。 どちらも電気で稼働しているものであるためコンセントさえあれば問題なく使用できますが、賃貸物件ではストーブ使用に制限をかけている場合も少なくありません。 賃貸物件の中には火事のリスクを懸念し、電気ストーブの使用を禁止している物件があるのです。 電気ストーブを使用する自宅用サウナを設置する場合、一度大家さんや管理会社に電気ストーブの使用が問題ないかを問い合わせるか、賃貸契約書を確認してみるようにしましょう。     サウナの重量 建築基準法には住宅床の耐荷重に制限があり、「1平方センチメートルあたり、180kgに耐えられること」が基準とされています。...

賃貸でも自宅用サウナは置ける?確認箇所とおすすめのサウナをご紹介

2024.04.25

賃貸でも自宅用サウナは置ける?確認箇所 サウナブームの到来により、近年では自宅用サウナの導入を検討している方が増えてきています。 しかし賃貸物件に住んでいる方であれば、「賃貸物件にサウナを設置することは可能なのか?」という疑問を持たれているかもしれませんね。 本記事では賃貸でも自宅用サウナを設置できるのか、また設置の確認箇所とおすすめのサウナについてもご紹介していきます。       賃貸物件にサウナ設置は可能? 結論から述べると大抵の場合、賃貸物件でもサウナを設置することは可能です。 販売されている屋内型の家庭用サウナは、基本的に壁・天井に穴を開けたり、大がかりな工事を行ったりすることがありません。 移動させることも撤去することも可能なので、賃貸物件で必要となる「原状復帰」を行うこともできます。 このような理由から、賃貸物件でもサウナを設置することは可能なのです。       賃貸でサウナ設置時のチェックポイント   設置スペース 賃貸物件以外でも言えることではありますが、自宅用サウナを設置する際にはサウナスペースがきちんと確保できるかどうかを確認しておかなければなりません。 1人用のボックスタイプのサイズは一般的にそれほど幅をとるものではありませんが、出入りすることも考慮し、少し余裕を持ったサイズ感のものを選んでおくと良いでしょう。   ストーブ設置の可否 サウナのストーブには「電気ストーブ」「薪ストーブ」「遠赤外線ストーブ」の種類がありますが、自宅用サウナは基本的に「電気ストーブ」か「遠赤外線ストーブ」が採用されています。 どちらも電気で稼働しているものであるためコンセントさえあれば問題なく使用できますが、賃貸物件ではストーブ使用に制限をかけている場合も少なくありません。 賃貸物件の中には火事のリスクを懸念し、電気ストーブの使用を禁止している物件があるのです。 電気ストーブを使用する自宅用サウナを設置する場合、一度大家さんや管理会社に電気ストーブの使用が問題ないかを問い合わせるか、賃貸契約書を確認してみるようにしましょう。     サウナの重量 建築基準法には住宅床の耐荷重に制限があり、「1平方センチメートルあたり、180kgに耐えられること」が基準とされています。...

オフィスにサウナ?企業が導入する理由や仕事へもたらす効果を解説

オフィスにサウナ?企業が導入する理由や仕事へもたらす効果を解説

2024.03.11

オフィスにサウナ?企業が導入する理由   老若男女問わず人気が高まっている「サウナ」。 そんなサウナブームの到来により、日本でもオフィスにサウナを設置する企業が現れ始めていることをご存知でしょうか? 本記事では企業がオフィスにサウナを導入する理由や、仕事へもたらす効果についてご紹介していきます。     オフィスにもサウナを置く時代 オフィスにおけるサウナは仕事のリフレッシュスペースとしてだけでなく、社内間でのコミュニケーションがとれる場所としても利用されることがあり、ビジネスを円滑にするためのツールとしても一役買っているのです。 近年では働き方改革の推進により、独自性の高い福利厚生や従業員の満足度を高める取り組みとしてサウナの導入を行う企業も増えてきています。   サウナの効果とは   ・血行促進 サウナに入ることで体温が上昇するため血管の拡張が起き、血行が促進されます。 血液の流れがスムーズになると、身体に必要な栄養・酸素が全身に行き渡りやすくなります。   ・発汗作用 新陳代謝も活発になり、汗とともに疲労成分が排出されるため、デトックス効果・疲労回復効果も期待できます。   ・リラックス効果・ストレス解消 サウナに入ることで神経系が刺激され、「エンドルフィン」というリラックス効果をもたらすホルモンが分泌されます。 またサウナによって爽快感を得られるため、ストレス解消効果も期待できると言われています。   ・免疫力向上 サウナに入ることで体温が上昇し、免疫力向上にもつながります。 免疫力がつくことで風邪や感染症にもかかりづらくなります。   サウナがもたらす仕事への効果  ...

オフィスにサウナ?企業が導入する理由や仕事へもたらす効果を解説

2024.03.11

オフィスにサウナ?企業が導入する理由   老若男女問わず人気が高まっている「サウナ」。 そんなサウナブームの到来により、日本でもオフィスにサウナを設置する企業が現れ始めていることをご存知でしょうか? 本記事では企業がオフィスにサウナを導入する理由や、仕事へもたらす効果についてご紹介していきます。     オフィスにもサウナを置く時代 オフィスにおけるサウナは仕事のリフレッシュスペースとしてだけでなく、社内間でのコミュニケーションがとれる場所としても利用されることがあり、ビジネスを円滑にするためのツールとしても一役買っているのです。 近年では働き方改革の推進により、独自性の高い福利厚生や従業員の満足度を高める取り組みとしてサウナの導入を行う企業も増えてきています。   サウナの効果とは   ・血行促進 サウナに入ることで体温が上昇するため血管の拡張が起き、血行が促進されます。 血液の流れがスムーズになると、身体に必要な栄養・酸素が全身に行き渡りやすくなります。   ・発汗作用 新陳代謝も活発になり、汗とともに疲労成分が排出されるため、デトックス効果・疲労回復効果も期待できます。   ・リラックス効果・ストレス解消 サウナに入ることで神経系が刺激され、「エンドルフィン」というリラックス効果をもたらすホルモンが分泌されます。 またサウナによって爽快感を得られるため、ストレス解消効果も期待できると言われています。   ・免疫力向上 サウナに入ることで体温が上昇し、免疫力向上にもつながります。 免疫力がつくことで風邪や感染症にもかかりづらくなります。   サウナがもたらす仕事への効果  ...

自宅でできる水風呂の最適な方法とは?期待できる効果や入り方を紹介

自宅でできる水風呂の最適な方法とは?期待できる効果や入り方を紹介

2024.02.19

自宅でできる水風呂の最適な方法とは?効果 サウナに入った後の気持ち良さを十分に得るには、しっかりと汗をかいた後の水風呂が欠かせません。 本記事では自宅でできる水風呂の最適な方法と、期待できる水風呂の効果や正しい入り方についてもご紹介していきます。     水風呂で期待できる効果   疲労回復効果 サウナ×水風呂による温冷効果によって血管の収縮・拡張が起き、血液循環が良くなって酸素・栄養素が身体の隅々まで運搬されるため、身体の回復スピードも速くなるのです。   冷え性改善効果 温冷浴を交互に行うことで血管の収縮・拡張が促され、血液循環が良くなります。 それにより、身体の末端部分までしっかりと血液が行きわたるため、冷え性改善が期待できるのです。   ダイエット効果 温冷浴を繰り返し行って血液循環が促されると、身体に蓄積された余分な水分・老廃物も押し流され、見た目に変化が出ることもあります。 また水風呂で体温が急に下がると、身体は体温を保とうとして脂肪を燃焼させようとする働きもあり、ダイエット効果も期待できます。   安眠効果 人の身体は深部体温の温度差が大きいほど、眠りの質も向上すると言われています。 深部体温が高い19~21時の時間帯に温冷浴を行うと一時的に体温が上昇し、入浴後にはしっかりと下がります。 平熱に戻った体温が急降下するタイミングで眠りにつくとスムーズに入眠できる上、睡眠の質も向上すると言われています。     水風呂の入り方 お風呂と水風呂を交互に入る お風呂と水風呂を交互に入る「温冷交代浴」を行うことで、疲労回復やむくみ解消などにつながります。 自宅で行う温冷交代浴の手順としては、お風呂の温度を40℃に、シャワーを代用した水風呂の温度はおおよそ20~25℃に設定し、40℃のお風呂に3分間肩まで浸かります。 時間が経ったら足元から水のシャワーをかけます。 この「お風呂→水のシャワー」の流れを交互に3回繰り返しましょう。...

自宅でできる水風呂の最適な方法とは?期待できる効果や入り方を紹介

2024.02.19

自宅でできる水風呂の最適な方法とは?効果 サウナに入った後の気持ち良さを十分に得るには、しっかりと汗をかいた後の水風呂が欠かせません。 本記事では自宅でできる水風呂の最適な方法と、期待できる水風呂の効果や正しい入り方についてもご紹介していきます。     水風呂で期待できる効果   疲労回復効果 サウナ×水風呂による温冷効果によって血管の収縮・拡張が起き、血液循環が良くなって酸素・栄養素が身体の隅々まで運搬されるため、身体の回復スピードも速くなるのです。   冷え性改善効果 温冷浴を交互に行うことで血管の収縮・拡張が促され、血液循環が良くなります。 それにより、身体の末端部分までしっかりと血液が行きわたるため、冷え性改善が期待できるのです。   ダイエット効果 温冷浴を繰り返し行って血液循環が促されると、身体に蓄積された余分な水分・老廃物も押し流され、見た目に変化が出ることもあります。 また水風呂で体温が急に下がると、身体は体温を保とうとして脂肪を燃焼させようとする働きもあり、ダイエット効果も期待できます。   安眠効果 人の身体は深部体温の温度差が大きいほど、眠りの質も向上すると言われています。 深部体温が高い19~21時の時間帯に温冷浴を行うと一時的に体温が上昇し、入浴後にはしっかりと下がります。 平熱に戻った体温が急降下するタイミングで眠りにつくとスムーズに入眠できる上、睡眠の質も向上すると言われています。     水風呂の入り方 お風呂と水風呂を交互に入る お風呂と水風呂を交互に入る「温冷交代浴」を行うことで、疲労回復やむくみ解消などにつながります。 自宅で行う温冷交代浴の手順としては、お風呂の温度を40℃に、シャワーを代用した水風呂の温度はおおよそ20~25℃に設定し、40℃のお風呂に3分間肩まで浸かります。 時間が経ったら足元から水のシャワーをかけます。 この「お風呂→水のシャワー」の流れを交互に3回繰り返しましょう。...

「家にサウナがある生活」で日本を変える。IESAUNAを通して僕たちが挑戦する理由。

「家にサウナがある生活」で日本を変える。IESAUNAを通してわたしたちが挑戦する理由。

2024.02.14

「家にサウナがある生活」で日本を変える。   私たちVanwavesは家のベランダでできるソロサウナ”IESAUNA”を開発し、「誰でも、どこでも、いつでもととのうことができる世界」を創ります。   IESAUNAとは・・・ 煙、一酸化炭素の出ないストーブを使った、コンパクトなソロサウナ。都会のベランダで置けるサイズで、瞬間着火、瞬間消化ですぐにサウナができるプロダクトです。 IESAUNAの詳細はこちら   なぜモノづくり未経験者の私たちがサウナを開発したのか。そこまでさせるサウナの魅力とはいったい何なのか? それは、心身共に「ととのう」ことで世界を幸せにすることができると本気で信じているからです。   サウナと聞くと、「なんか流行ってるみたいだけど、おじさんのイメージ」、「熱そうだし、ちょっと入っているとしんどい」など、必ずしも良いイメージを持たない方もいるのではないでしょうか?   私たちも数年前までは、銭湯にサウナがあれば少しだけ入るくらいのレベルでした。   しかし、社会人になってから人生の先輩方にサウナに連れて行ってもらう機会が多くあり、少しずつ好きになっていきました。   サウナで3セット(サウナ→水風呂→外気浴)ほどしていると、自分の雑念が無くなっていき、心の平穏を感じる瞬間や、思考がシンプルになっていく体験をしたり、幸せとはここにすべてあると感じた時、サウナ自体の気持ちよさだけではなく、そこで自分自身と向き合う時間が、私たちをサウナの沼へと連れて行きました。   またグループで行けば、スーツを脱ぎ捨て、サウナの中には上も下もない空間で同じ部屋で一緒に汗をかくことで、コミュニケーションが円滑になっていくことを体感しましたし、その後のサ飯をみんなで囲むことで、同じ釜で飯だけではなく蒸されているのでどんどん仲良くなるサウナが大好きになりました。   このように、ソロサウナだけではなく、グループサウナも好きになったのです。(サウナが好きな方は、共感頂いていればうれしいです。)     でも、上記に書いたようなことって、サウナ好きの人たちにはよくあることだと思います。これだけでは、サウナを創ろう!とはならなかったと思います。   では、なぜサウナを創ろうとおもったのか?   それは、サウナで救われた人に出会ったからです。  ...

「家にサウナがある生活」で日本を変える。IESAUNAを通してわたしたちが挑戦する理由。

2024.02.14

「家にサウナがある生活」で日本を変える。   私たちVanwavesは家のベランダでできるソロサウナ”IESAUNA”を開発し、「誰でも、どこでも、いつでもととのうことができる世界」を創ります。   IESAUNAとは・・・ 煙、一酸化炭素の出ないストーブを使った、コンパクトなソロサウナ。都会のベランダで置けるサイズで、瞬間着火、瞬間消化ですぐにサウナができるプロダクトです。 IESAUNAの詳細はこちら   なぜモノづくり未経験者の私たちがサウナを開発したのか。そこまでさせるサウナの魅力とはいったい何なのか? それは、心身共に「ととのう」ことで世界を幸せにすることができると本気で信じているからです。   サウナと聞くと、「なんか流行ってるみたいだけど、おじさんのイメージ」、「熱そうだし、ちょっと入っているとしんどい」など、必ずしも良いイメージを持たない方もいるのではないでしょうか?   私たちも数年前までは、銭湯にサウナがあれば少しだけ入るくらいのレベルでした。   しかし、社会人になってから人生の先輩方にサウナに連れて行ってもらう機会が多くあり、少しずつ好きになっていきました。   サウナで3セット(サウナ→水風呂→外気浴)ほどしていると、自分の雑念が無くなっていき、心の平穏を感じる瞬間や、思考がシンプルになっていく体験をしたり、幸せとはここにすべてあると感じた時、サウナ自体の気持ちよさだけではなく、そこで自分自身と向き合う時間が、私たちをサウナの沼へと連れて行きました。   またグループで行けば、スーツを脱ぎ捨て、サウナの中には上も下もない空間で同じ部屋で一緒に汗をかくことで、コミュニケーションが円滑になっていくことを体感しましたし、その後のサ飯をみんなで囲むことで、同じ釜で飯だけではなく蒸されているのでどんどん仲良くなるサウナが大好きになりました。   このように、ソロサウナだけではなく、グループサウナも好きになったのです。(サウナが好きな方は、共感頂いていればうれしいです。)     でも、上記に書いたようなことって、サウナ好きの人たちにはよくあることだと思います。これだけでは、サウナを創ろう!とはならなかったと思います。   では、なぜサウナを創ろうとおもったのか?   それは、サウナで救われた人に出会ったからです。  ...

家庭用サウナの実現方法ガイド|自宅で楽しめるサウナ6選!

家庭用サウナの実現方法ガイド|自宅で楽しめるサウナ6選!

2024.02.13

家庭用サウナの実現方法|自宅でサウナ6選!   健康効果も高く、趣味として楽しむ人も増えているサウナ。 そんなサウナを家庭に導入したいと考える方も多いのではないでしょうか? 本記事では、家庭用サウナの実現方法ガイドとして家庭用サウナのメリット・デメリットに加え、自宅で楽しめるサウナの種類をいくつかご紹介していきます。   自宅で実現できる家庭用サウナ6選 自宅で実現できる家庭用サウナを6選ご紹介します。   サウナ傘 浴室でサウナ傘を使用することでお手軽に家庭でのサウナを楽しむことができます。 傘を開いて浴槽上に被せるだけで良く、電気も不要でお風呂の蒸気だけで手軽にサウナ気分を味わうことができます。 2千円前後で購入することができます。   簡易式サウナボックス 組み立て式の簡易的なボックスでスチームサウナを楽しむこともできます。 湿度はドライサウナほど高くはありませんが、火災の心配が少ないという魅力があります。 2万円からと少し高めの金額ですが、建物の種類を問わず気軽に導入しやすい家庭用サウナだと言えます。   ドームサウナ 寝ている状態で全身を均等に温めたいという場合、ドームサウナが良いでしょう。 温度調整を行いやすく、低い温度に設定しておくと岩盤浴のような程よい湿度でサウナを楽しむことができます。 20万円ほどする本格的なものもありますが、7万円ほどの導入しやすい製品もあります。   テントサウナ 場所を問わずアウトドアシーンでも活躍し、一般的なテントと同じ形をしていて簡単に組み立てが可能なテントサウナ。 テント内でストーブを焚いて温めることで、サウナを楽しむことができます。 製品によりますが、おおよその費用は10万円弱~50万円ほど。 家庭用サウナとしては手頃な金額で購入でき、持ち運び可能な点も魅力の一つです。  ...

家庭用サウナの実現方法ガイド|自宅で楽しめるサウナ6選!

2024.02.13

家庭用サウナの実現方法|自宅でサウナ6選!   健康効果も高く、趣味として楽しむ人も増えているサウナ。 そんなサウナを家庭に導入したいと考える方も多いのではないでしょうか? 本記事では、家庭用サウナの実現方法ガイドとして家庭用サウナのメリット・デメリットに加え、自宅で楽しめるサウナの種類をいくつかご紹介していきます。   自宅で実現できる家庭用サウナ6選 自宅で実現できる家庭用サウナを6選ご紹介します。   サウナ傘 浴室でサウナ傘を使用することでお手軽に家庭でのサウナを楽しむことができます。 傘を開いて浴槽上に被せるだけで良く、電気も不要でお風呂の蒸気だけで手軽にサウナ気分を味わうことができます。 2千円前後で購入することができます。   簡易式サウナボックス 組み立て式の簡易的なボックスでスチームサウナを楽しむこともできます。 湿度はドライサウナほど高くはありませんが、火災の心配が少ないという魅力があります。 2万円からと少し高めの金額ですが、建物の種類を問わず気軽に導入しやすい家庭用サウナだと言えます。   ドームサウナ 寝ている状態で全身を均等に温めたいという場合、ドームサウナが良いでしょう。 温度調整を行いやすく、低い温度に設定しておくと岩盤浴のような程よい湿度でサウナを楽しむことができます。 20万円ほどする本格的なものもありますが、7万円ほどの導入しやすい製品もあります。   テントサウナ 場所を問わずアウトドアシーンでも活躍し、一般的なテントと同じ形をしていて簡単に組み立てが可能なテントサウナ。 テント内でストーブを焚いて温めることで、サウナを楽しむことができます。 製品によりますが、おおよその費用は10万円弱~50万円ほど。 家庭用サウナとしては手頃な金額で購入でき、持ち運び可能な点も魅力の一つです。  ...

業務用サウナの選び方

業務用サウナの選び方|形状別からタイプ別、検討すべき課題まで解説

2023.12.26

業務用サウナの選び方|形状別やタイプ別 業務用サウナを導入するにあたっては、さまざまな課題があります。 本記事では業務用サウナの選び方として、形状別からタイプ別、検討すべき課題までご紹介していきます。     業務用サウナの選び方|形状・用途別 業務用サウナの選び方として、形状・用途別にいくつかご紹介します。   施設サウナ(ホームサウナ) 施設サウナ(ホームサウナ)は屋内設置型のサウナであり、スイッチをいれるだけで気軽にサウナを楽しむことができます。 一般的には温泉施設や宿泊施設に設置されている施設サウナですが、最近では自宅に設置してホームサウナを楽しむ人も増えてきました。   バレルサウナ(サウナ小屋) バレルサウナは、木で作られた樽型のサウナです。 天井部分が円形になっているため「ロウリュ」を行う際には、効率的に熱が循環し、心地の良い温度でサウナを楽しむことができます。 小屋のようなサウナであるため、自宅の庭や別荘などの屋外に設置することも可能です。   テントサウナ テントサウナは持ち運びが可能であるため、屋外の河川敷やキャンプ場などさまざまな環境にも対応でき、自然の中でもサウナを楽しめるという魅力があります。 またテントサウナとしておすすめの「IESAUNA」は、サウナの設置やメンテナンスも簡単に行えるほか、無煙機構を実現した独自開発のバイオストーブを採用しているため事故・火災のリスクを防止して安心安全に使用できます。   https://iesauna.com/blogs/column/sauna-installationcost (業務用サウナの設置費用はいくら?コストを抑える方法も解説)     業務用サウナの選び方|タイプ別 既製品・オーダーメイド 既製品として完成されたサウナを購入する場合、工事も簡単なもので導入可能です。 ただし既製品であるため、設置する場所によってサイズ・デザインに制限がある点には注意しましょう。 一方オーダーメイドであれば、サウナのサイズ・デザイン・機能などサウナの設計部分を比較的自由に決められます。...

業務用サウナの選び方|形状別からタイプ別、検討すべき課題まで解説

2023.12.26

業務用サウナの選び方|形状別やタイプ別 業務用サウナを導入するにあたっては、さまざまな課題があります。 本記事では業務用サウナの選び方として、形状別からタイプ別、検討すべき課題までご紹介していきます。     業務用サウナの選び方|形状・用途別 業務用サウナの選び方として、形状・用途別にいくつかご紹介します。   施設サウナ(ホームサウナ) 施設サウナ(ホームサウナ)は屋内設置型のサウナであり、スイッチをいれるだけで気軽にサウナを楽しむことができます。 一般的には温泉施設や宿泊施設に設置されている施設サウナですが、最近では自宅に設置してホームサウナを楽しむ人も増えてきました。   バレルサウナ(サウナ小屋) バレルサウナは、木で作られた樽型のサウナです。 天井部分が円形になっているため「ロウリュ」を行う際には、効率的に熱が循環し、心地の良い温度でサウナを楽しむことができます。 小屋のようなサウナであるため、自宅の庭や別荘などの屋外に設置することも可能です。   テントサウナ テントサウナは持ち運びが可能であるため、屋外の河川敷やキャンプ場などさまざまな環境にも対応でき、自然の中でもサウナを楽しめるという魅力があります。 またテントサウナとしておすすめの「IESAUNA」は、サウナの設置やメンテナンスも簡単に行えるほか、無煙機構を実現した独自開発のバイオストーブを採用しているため事故・火災のリスクを防止して安心安全に使用できます。   https://iesauna.com/blogs/column/sauna-installationcost (業務用サウナの設置費用はいくら?コストを抑える方法も解説)     業務用サウナの選び方|タイプ別 既製品・オーダーメイド 既製品として完成されたサウナを購入する場合、工事も簡単なもので導入可能です。 ただし既製品であるため、設置する場所によってサイズ・デザインに制限がある点には注意しましょう。 一方オーダーメイドであれば、サウナのサイズ・デザイン・機能などサウナの設計部分を比較的自由に決められます。...