注文住宅にサウナを設置したい!自宅サウナの種類や費用について解説

注文住宅にサウナを設置したい!自宅サウナの種類や費用について解説

注文住宅にサウナを設置したい!種類や費用

注文住宅にサウナ

「自宅にも家族専用のサウナがあれば良いのに」と考えたことはありませんか?

本記事では、注文住宅に設置できる自宅サウナの種類や費用についてご紹介していきます。

 

 

注文住宅に設置できるサウナの種類

 

乾式サウナ(ドライサウナ)

乾式サウナは別名「ドライサウナ」とも呼ばれており、国内でもよく見られる種類のサウナです。

乾式サウナは基本的に高温に設定されており、温度は約80100度まで設定可能です。
温度が高めで湿度が低いという特徴があり、スーパー銭湯で設置されることが多いです。
ガス・電気・遠赤外線などでサウナの温度を上げる仕組みとなっており、遠赤外線を使用するものは「遠赤外線サウナ」と呼ばれています。
短時間でも汗をしっかりとかくことができるためリフレッシュ効果も高く、普段からよくサウナを利用しているという方におすすめのタイプです。

 

湿式サウナ(スチームサウナ)

湿式サウナは別名「スチームサウナ」とも呼ばれており、その名の通り「蒸気を発生させ、室温を上げるシステム」のサウナです。

乾式サウナ(ドライサウナ)とは対照的に温度は4080度と少し低めですが、湿度は80100%と高めであり、サウナの本場であるフィンランドでもよく使われています。
湿度が高いので乾式サウナ(ドライサウナ)のような乾燥の心配はなく、時間をかけてゆっくりと汗をかくため、リラックス効果も高いと言われています。
また、熱した石に水をかけて発生した蒸気を浴びる「ロウリュ」は、サウナ好きの間でもとくに好まれています。

 

 

注文住宅にサウナを設置する際の費用相場

注文住宅にサウナを設置する

注文住宅にサウナを設置する場合、オプションとなるケースがほとんどです。
フィンランド式の乾式サウナ(ドライサウナ)の場合、専用のサウナを設置することになります。
サウナヒーターの取り付けにおおよそ30万円~、サウナの専用部屋の設置自体には200万円以上がかかるでしょう。

どのようなメーカーや製品を採用するかにより費用は異なるため、費用や製品を比較することが大切だと言えます。
天井埋込タイプ・壁掛けタイプ・小型タイプ・簡易設置できるタイプなど、自宅サウナの製品にもさまざまなものがあります。
設置費用は数万円のものもあれば、30万円以上かかるものもあります。

 

 

注文住宅にサウナを設置する際の維持費はいくら?

注文住宅にサウナを設置する際の維持費としては、使用するサウナの種類によっても異なりますが、電気代は1時間当たり4070円程度です。

1日平均2時間程度使用することを考えると、電気代は月に2,4004,200円になります。
電気代以外の維持費は基本的にかかりませんが、サウナストーンは23年、サウナヒーターは10年程度で劣化してくるため交換しなければなりません。

 

 

サウナ設置後はメンテナンスを欠かさない

サウナ設置後のメンテナンスも欠かせません。
サウナ使用後にお手入れを怠り、汗や水分をそのまま放置してしまうと、カビやそのほかの汚れが発生してしまい、清潔さのないサウナ空間となってしまいます。

サウナの劣化を速めることにもつながるため、サウナ使用後には毎回お手入れをし、都度メンテナンスを行うようにしましょう。

 

 

注文住宅にサウナを設置するメリット・デメリット

注文住宅にサウナを設置するメリット

 

メリット

サウナ施設では、15003,000円程度の利用料がかかります。
一方、注文住宅にサウナを設置すると初期費用や電気代こそかかりますが、1回につき数十円~100円前後です。

「できることなら毎日サウナに入りたいけれど、利用料金が高いから通えない」という方には、大きな魅力となるのではないでしょうか?

また銭湯やサウナ施設まで足を運ばずとも、いつでも自宅でサウナに入れます。

移動や外出準備などに準備をかけず、自由に好きなタイミングでサウナを楽しめるという魅力があります。

 

デメリット

注文住宅にサウナを設置すると、初期費用が数十万円~数百万円かかることがあります。
できる限り予算を抑えるとなると、簡易的に使用できるものを選ぶと良いでしょう。

また、サウナ使用後にはサウナ室全体の水拭き・換気・清掃・設備点検などと言ったお手入れやメンテナンスをご自身で行わなければなりません。

 

IESAUNAなら工事不要で本格サウナが手軽に楽しめる!

株式会社Vanwavesでは、工事不要で本格的なサウナを楽しむことができるサウナセットを販売しています。
場所を取らないため庭やベランダにも設置でき、家族みんなでも楽しむことができますよ。

ほかの製品に比べるとメンテナンスも比較的楽に行うことができ、撤去費用なども不要という魅力があります。

 

IESAUNAはこちらからチェック

 

 

 

おわりに

本記事では、注文住宅に設置できる自宅サウナの種類や費用についてご紹介しました。
注文住宅にも自宅専用のサウナを設置することができます。
注文住宅に設置できる自宅サウナの種類としては、乾式サウナ(ドライサウナ)と湿式サウナ(スチームサウナ)の2つです。

「自宅にも深くリラックスできるプライベートなサウナ空間が欲しい」とお考えであれば、ぜひ注文住宅に自宅サウナを導入してみてはいかがでしょうか?

ブログに戻る