賃貸でも自宅用サウナは置ける?確認箇所とおすすめのサウナをご紹介

賃貸でも自宅用サウナは置ける?確認箇所とおすすめのサウナをご紹介

賃貸でも自宅用サウナは置ける?確認箇所

賃貸でも自宅用サウナ

サウナブームの到来により、近年では自宅用サウナの導入を検討している方が増えてきています。

しかし賃貸物件に住んでいる方であれば、「賃貸物件にサウナを設置することは可能なのか?」という疑問を持たれているかもしれませんね。

本記事では賃貸でも自宅用サウナを設置できるのか、また設置の確認箇所とおすすめのサウナについてもご紹介していきます。

 

 

 

賃貸物件にサウナ設置は可能?

結論から述べると大抵の場合、賃貸物件でもサウナを設置することは可能です。

販売されている屋内型の家庭用サウナは、基本的に壁・天井に穴を開けたり、大がかりな工事を行ったりすることがありません。

移動させることも撤去することも可能なので、賃貸物件で必要となる「原状復帰」を行うこともできます。

このような理由から、賃貸物件でもサウナを設置することは可能なのです。

 

 

 

賃貸でサウナ設置時のチェックポイント

賃貸でサウナ設置時のチェック

 

設置スペース

賃貸物件以外でも言えることではありますが、自宅用サウナを設置する際にはサウナスペースがきちんと確保できるかどうかを確認しておかなければなりません。

1人用のボックスタイプのサイズは一般的にそれほど幅をとるものではありませんが、出入りすることも考慮し、少し余裕を持ったサイズ感のものを選んでおくと良いでしょう。

 

ストーブ設置の可否

サウナのストーブには「電気ストーブ」「薪ストーブ」「遠赤外線ストーブ」の種類がありますが、自宅用サウナは基本的に「電気ストーブ」か「遠赤外線ストーブ」が採用されています。

どちらも電気で稼働しているものであるためコンセントさえあれば問題なく使用できますが、賃貸物件ではストーブ使用に制限をかけている場合も少なくありません。

賃貸物件の中には火事のリスクを懸念し、電気ストーブの使用を禁止している物件があるのです。

電気ストーブを使用する自宅用サウナを設置する場合、一度大家さんや管理会社に電気ストーブの使用が問題ないかを問い合わせるか、賃貸契約書を確認してみるようにしましょう。

 

 

サウナの重量

建築基準法には住宅床の耐荷重に制限があり、「1平方センチメートルあたり、180kgに耐えられること」が基準とされています。

自宅用サウナとして一般的なボックスタイプの耐荷重は、一般的に1平方センチメートルあたり100~150kg程であるため大抵問題はありません。

しかし同じサイズ・タイプのサウナでも製品によっては重さが異なり、サウナの附属品を加えると180kg超えになってしまうケースもあるため注意が必要です。

サウナの重みが原因となって賃貸物件のトラブルにつながってしまうと、修繕費用が請求されてしまう場合もあるため、サイズ・設置スペースに限らずサウナの総重量も確認しておくようにしましょう。

 

電圧や配線、設置工事の可否

ボックスタイプの自宅用サウナは、電気ストーブ・遠赤外線ストーブどちらの場合でも200Vのコンセントを使用することが多いです。

「コンセントが無い」「コンセントの電圧が低い」といった場合、追加で電気工事が必要となります。

ただし賃貸物件では電気工事を許可していない物件も多いため、自宅用サウナを設置する際には確認しておくようにしましょう。

 

 

 

退去時の注意点

退去時には自宅用サウナを次の引っ越し先に持って行くか・処分するかを決める必要があります。

どちらにしても、専門業者に依頼するのが安心だと言えます。

引っ越し先に持って行く場合はサウナ販売店に相談し、取り外し~取り付けまでを行ってもらえないか一度相談してみるようにしましょう。

「引っ越し先が遠方で対応することが難しい…」という場合でも、おすすめの専門業者を教えてくれる場合もあります。

専門知識や技術が無い状態でサウナの分解・組み立てを無理に行おうとすると、サウナの壁・天井部分に隙間が生じて空間を温めることができなくなったり、破損につながったりしてしまう可能性もあります。

そのため、費用がかかったとしても必ず専門業者に依頼するようにしましょう。

処分するという場合、小さめのボックスサウナであれば一人で分解できる場合もあります。

コンセントから電源が抜けていることを確認したうえで分解していき、廃品回収業者に引き取ってもらうようにしましょう。

 

 

 

本格サウナをリーズナブルに、小スペースですぐ使える「IESAUNA(イエサウナ)」

小スペースですぐ使える

 

自宅用サウナの商品はこれまでにも販売されていましたが、自宅用サウナを家に設置する場合、高額な費用と余裕あるスペースが必要となりました。

しかし、それでは気軽にサウナを楽しむことができません。

株式会社Vanwavesでは、本格サウナを自宅でも気軽に楽しむことができるサウナを販売しました。

本格的なサウナでありながら、リーズナブルかつ小スペースで楽しむことができる自宅用サウナをぜひお試しください。

 

 

おわりに

本記事では賃貸でも自宅用サウナを設置できるのか、また設置の確認箇所とおすすめのサウナについてもご紹介しました。

賃貸物件に自宅用サウナを設置することは可能ですが、自宅用サウナを設置する際には確認すべきポイントがいくつかあります。

確認せずに購入してしまうと後々後悔してしまうこともあるため、必ず購入前には確認事項をチェックしたうえで購入するようにしましょう。

ブログに戻る